貴社の採用力
高めませんか

自社採用コンテンツ・採用広報への取り組み

仕事選びの基準が多様化

求人サイトを中心に求職活動を行うのが、長い間にわたってのスタンダードとなっておりました。求人サイトの情報は、枠の制限もあり「募集要項」が中心になります。求人サイトで募集要項を確認し、コーポレートサイトで企業情報を補足的に確認し、エントリーするかどうかを判断するという流れが一般的でした。

「コミュニケーション力が高い人」が貴社にとってベストな人材?

求人サイトを見ていると「コミュニケーション力が高い人」を求める募集が多く見られます。
限られた文字数で求める人物を定義すると、どうしてもこのような表現が好まれがちですし、これ以上の情報を文字情報だけで求職者に届けるのも容易ではありません。その結果、いくらコミュニケーション力の高い人材が採用できても、社風や企業文化にマッチせず短期間で退職してしまうというミスマッチが発生してしまっているのも事実です。

価値観の多様化

Indeedの普及やリファラル採用の広がりなど、求職者は従来の求人サイトだけでなく、様々な求人情報に触れ、仕事に対する価値観も多様化しています。
通り一辺倒な募集要項では求職者の応募意欲を高めることは難しくなりつつあります。何が応募の決め手になるか分からない状況だからこそ、求職者の共感を得られるようなコンテンツの作成が大切だと考えられます。

採用関連コンテンツ例

社員紹介

新着情報

クロストーク

会社案内

よくある質問

仕事情報絞り込み検索

企業ごとに特長や文化は異なりますので、この内容さえ押さえておけば大丈夫という、キラーコンテンツは存在しないと言えます。

  • 良いことばかりを一方的にアピールしない
  • 自分事として捉えてもらえるような内容
  • この会社いいかも」と応募を後押しする内容

上記の3点を意識しながら、文字数や画像の制限がある求人メディアでは訴求しきれない内容を、自社採用コンテンツ内に公開してみてはいかがでしょうか。