アドサク

新聞

TheJapanNews(ジャパンニューズ:旧デーリー読売)掲載のご案内

新聞

2013年4月、読売新聞の英字新聞がTHE DAILY YOMIURIからTHE JAPAN NEWSへと生まれ変わりました。

現在、日本に本社を置く新聞社が発行している日刊英字紙はジャパン・ニューズとジャパンタイムズの2紙のみとなっています。

TheJapanNews(ジャパンニューズ:旧デーリー読売)

基本情報

発行形態 新聞
スケジュール 日刊
発行部数 約26.673部(Japan times 27.225)
TheJapanNews(ジャパンニューズ:旧デーリー読売)

掲載料金(以下全て消費税別)

  基本料金
(20語まで)
増語料金
(1語につき)
8ポイント 13,000円 1,000円
10ポイント 15,000円 1,100円
12ポイント 18,000円 1,200円
14ポイント 22,000円 1,300円

※当正価表は媒体会社の料金改定等により、予告なしに変更されることがございます。正確な料金等は、弊社までお問い合わせ下さい。
※案内広告以外にも、記事下広告、小枠広告も取り扱っております。まずはお手数ですが、弊社までお問い合わせください。

Word(語)換算の例

  1. 住所は区・町単位でそれぞれ1word(Chiyoda-ku=1word)。番地は1word(1-7-1=3words)。
  2. 電話番号は市外局番も含めて1word。
  3. E-mailアドレスは .(ドット)から .(ドット)までが1word。
  4. ~、※、()、a.m、p.m.等の記号はカウントしません。
  5. Box囲みは社組料金のほかにスペース料金2行分が加算されます。

掲載イメージ

活字見本

8ポイント
8ポイント
10ポイント
10ポイント
12ポイント
12ポイント
14ポイント
14ポイント

TheJapanNews(ジャパンニューズ:旧デーリー読売)の特長

読売新聞本紙の日本関連記事を英訳しています。

全国に張りめぐらせた取材網を駆使した記事を英訳して掲載。「日本で何が起きているのか」「日本が何に関心を持っているのか」を把握するため、各国の在日大使館などにとって必要不可欠なメディアとなっています。80%以上の大使館に購読いただいています。

宅配部数の多さが強みです。

国内に在住の外国人や海外事情に関心の強い日本人が定期購読をしています。

読者の多くが高学歴。

読者の85.3%が大卒以上です。そのうち26.5%は大学院卒となっています。

TheJapanNews求人紙面の特徴

都道府県

メディア

資料ダウンロード