事例紹介

事例紹介

おうち時間が増えたことを利用した広告展開で活路

2021.02.08
職種
施設警備員
雇用形態
契約社員
エリア
東京都内各所

現場の若返りを図りたいが、応募があるのは中高年が多く困っている。
Indeedや若手が利用していると想定される各種求人メディアを利用するも、なかなか若手の獲得ができない状況。研修制度はしっかりしているので、未経験でも若い層の母集団を形成したい。

提案・ご利用サービス

その他

その他

提案のポイント

新型コロナウィルスの感染拡大に伴う自粛期間で若い層がYoutubeを視聴する時間が増えていたため、Youtube内の広告をご提案。
端末の行動履歴を用いたターゲティングにより若い層に訴求ができる点、課金方法がクリック課金のため広告を表示しクリックした興味がある人にのみ効率的にお金をかけることができる点を説明しました。
また、仮にクリックされなくても視覚的に訴求することができ、記憶に残りやすい点を合わせて説明しました。

結果

若い方からの採用サイトへのアクセスが増えただけでなく、他の求人メディア経由で応募された方からも「Youtubeで広告を見て覚えていました。」という声が上がり大変満足いただきました。
応募獲得という直接的な効果ももちろん大切ですが、若い層に広く訴求することで認知の拡大に繋がった点も評価いただけたのではないかと思われます。
当初は様子を見て少額での運用でしたが、予算を増額していただき、現在も継続してご利用いただいてます。