採用事情

採用事情

採用事情

地方(遠隔地)における採用手法に関して

地方拠点での採用は、当該地域のローカルな事情などを理解していないとうまくいかないケースが多いようです。

ここでは、
◆地方(遠隔地)にコールセンターを設置するので、地元で大量採用したい
◆全国にフランチャイズ展開をしているが、ある特定の地域について採用に苦戦している
という二つのケースについて、取り上げてみました。

ケース1:求人メディアでの応募は「0名」

求人倍率が低い地域でコールセンターを立ちあげ、現地でのスタッフ採用も比較的容易との計算で、地元の求人メディアに求人広告を出稿したが、全く効果がなく困っているという相談を受けました。

単独の折り込みチラシなども利用したが…

都市部から離れているため代わりとなる求人メディアも少なく、単独で新聞に折り込む求人チラシも掲出しましたが、残念ながら効果はほとんどありませんでした。
そのような状況で、採用成功の突破口となったのは意外な方法でした。。。

ケース2:全国の中でも採用難易度の高い地域は存在します

全国展開する施設やチェーン店の募集の相談を受けることもよくあります。
その中で、WEBや広域の紙媒体で募集しても、エリアを絞って募集しても効果が得られない地域が現実として存在します。

求人メディアに縛られない広い視野も必要

求人メディアだけでは応募が集まらないエリアの場合、勤務地までの通勤経路や利用が想定される生活圏にまで視野を広げて、求人メディア以外の様々な広告や訴求方法を利用することが必要になります。

まとめ

インターネットの求人サイトや地元のフリーペーパーなど、地方の採用に十分な効果を発揮する求人メディアは多数存在します。ただし、それだけでは十分な応募者を確保できなかったり、採用に至らなかったりするケースも多く耳にします。

当社では、求人メディアの利用だけでは採用困難なケースについても、数多くの実績を持っています。地方(遠隔地)での採用にお困りの場合は、お気軽にご相談ください。