求人広告・メディア関連

Information

求人広告・メディア関連

2023.11.30最終更新日2024.01.22

求人広告の書き方 ~特別編~ | Indeed掲載時に気をつけたい職種名

求人広告の書き方 ~特別編~ | Indeed掲載時に気をつけたい職種名

Indeed(インディード)は、独自の求人情報に加えて、マイナビやリクナビ等の求人情報サイトの情報、ハローワークの情報、各企業のコーポレートサイトの採用情報など、様々な外部サイト(掲載元)と連携し求人情報を収集しています。
掲載元の利用規約や掲載基準をクリアしていても、連携先であるIndeedの掲載基準に反する場合、Indeedに求人情報が掲載されない可能性があります。
今回は、Indeed掲載時に気をつけたい募集職種名の書き方について解説します。

Indeed(インディード)についてもっと詳しく知りたい!

株式会社内藤一水社はIndeedの認定パートナー企業です。
認定パートナー企業とは、Indeed広告の販売代理店として公式に認定された代理店です。
質の高いサポートで貴社のお悩みにお応えします。

Indeed(インディード)の概要

Indeedの求人掲載基準とは

Indeedは、求職者にとって役立つ求人を掲載するための基準を策定し、求人を最適な形で求職者に提供することに取り組んでいます。
Indeedの掲載基準を満たさない求人、誤解を招く恐れがある、または求職者の権利を損なうとみなされる求人、職務の実在が疑わしい求人などについては、Indeedの求人検索結果から完全に削除される場合があります。

中でも「職種名」については注意が必要です。
クリック誘発目的のキーワードや仕事内容に関係のないキーワード、記号等で装飾された職種名は「質」が低いと認識され、Indeedの掲載がスポンサー求人(有料広告)のみに限定される可能性があります。

職種名に関するIndeedの掲載基準

募集職種名に関するIndeedの掲載基準は以下の通りです。

職種名および仕事内容の説明を適切に記述しなければならない

Indeed では、職種名と仕事内容が詳細かつ正確であり、適切な形式で記載されている求人を評価します。
クリックベイト(※)や仕事内容に無関係な詳細は職種名に含めないようにしましょう。仕事内容には主に職務の詳細について記載し、求人とは無関係な職種や企業情報には焦点を当てないでください。

(※)ウェブ上の広告や記事などの閲覧者数を増やすため、ユーザーの興味を惹く煽情的なタイトルをつけること。

参考サイト:Indeed 求人掲載基準

Indeedが評価する職種名の書き方

では、どういった点を意識した募集職種名にすればいいのでしょうか。
気を付けるポイントは、「職種名はシンプルに」という1点につきます。

シンプルに職種名のみ表記

職種名は、シンプルかつ仕事内容がわかるようにすることがおすすめです。
シンプルと言っても「営業」だけではあまりにも不親切なので、「建築資材のルート営業」のように、取り扱う商品やどんなお客様を相手にするかなど、仕事内容に関連する文言を添えると良いでしょう。

営業 → 不動産投資の反響営業
設計技術者 → 医療機器の設計技術者
製造スタッフ → 半導体部品の製造スタッフ

Indeedで効果を出すための具体例

職種名の書き方次第で、Indeed上で求人情報を閲覧してくれる求職者層が大きく変わってしまう可能性がある点については注意が必要です。
例えば、保育園勤務の調理スタッフを募集する際、以下の①②どちらの募集職種名を付けてもIndeedが評価する職種名の書き方として間違っていません。

  1.  保育園のキッチンスタッフ
  2.  キッチンスタッフ(保育園)

しかし、①「保育園のキッチンスタッフ」を職種名にした場合、Indeed側でこの求人情報は「保育園スタッフカテゴリー」に分類され保育の仕事を中心に探している求職者の検索結果に優先的に表示されてしまいます。
一方で、②「キッチンスタッフ(保育園)」を職種名にした場合は「キッチンスタッフカテゴリー」に分類され、調理や調理補助、洗い場などの仕事を探している求職者の検索結果に優先的に表示されます。
今回の例であれば、②「キッチンスタッフ(保育園)」を職種名にすることが、Indeedで効果を上げる職種名の書き方として正解と言えます。

Indeedのアカウントを開設すれば利用できる「採用市場レポート」を活用すれば以下のような結果を確認することができます。①②それぞれの職種名で勤務地を「大阪」に設定しIndeed掲載した際の状況を確認すると「求職者数」に大きな違いが出ていることが確認できます。

職種名の書き方で気を付けたいポイント

職種名を書く際に、+アルファでキーワードを併記することが多いですが、仕事内容に関係のないキーワードを併記することは推奨されていませんので注意が必要です。

「未経験歓迎」「経験者歓迎」

ターゲットを広げたり、限定するためのキーワードとして「未経験歓迎」「経験不問」、「経験者歓迎」などを職種名に追記することが多いですが、Indeed掲載には推奨されていないので注意が必要です。

「高時給」「短時間勤務」「オープニングスタッフ」ほか

勤務する上での特典のようなキーワードについては、概ね勤務条件や採用条件に該当する内容であり仕事内容に関係のない表記になりますので、Indeed掲載には推奨されません。

「!」「♪」等の記号

職種名を目立たせる目的で「!」などの記号が使われるケースがありますが、こちらについても仕事内容に関係のない表記になりますので、Indeed掲載には推奨されません。

複数の職種名

「①ホールスタッフ ②調理スタッフ」のように、一つの求人情報で複数職種の募集を行うケースが見受けられますが、Indeed掲載では一つの求人情報において「1職種1勤務地」が原則となりますので、複数の職種名を記載することはIndeed掲載には推奨されません。

まとめ

Indeedの直接投稿を利用して求人情報を掲載する、あるいは外部サイト経由でIndeedに求人情報を掲載する際には、Indeedの掲載基準に則った募集職種名にすることをおすすめします。

余分な情報やクリック誘発目的のキーワード、記号などで飾ることなく、職種名はシンプルに表記することを心掛けましょう。

関連記事

Indeed(インディード)についてもっと詳しく知りたい!

株式会社内藤一水社はIndeedの認定パートナー企業です。
認定パートナー企業とは、Indeed広告の販売代理店として公式に認定された代理店です。
質の高いサポートで貴社のお悩みにお応えします。

Indeed(インディード)の概要

お電話はこちら

月~金曜日(土・日・祝日除く)
9:00~18:00

東京本社 03-3265-9113
名古屋支社 052-581-9591
大阪支社06-6456-4561
九州支社092-431-6611